診療科・部門のご案内

リハビリテーション科

概要

脳血管等リハビリテーションⅠ・運動器リハビリテーションⅠ・呼吸器リハビリテーションⅠをおこなっています。言語聴覚士による摂食嚥下機能訓練や、在宅での訪問リハビリ、また病院併設のデイケアセンターもあり、急性期から在宅まで切れ目のない充実したリハビリテーションサービスが提供できるように努力しています。また急性期・回復期病棟の入院患者様には365日リハビリテーションがおこなえる体制を整えています。

スタッフ全員が皆様に寄り添い、住み慣れた環境に戻って、いきいきと生活して頂けるようにリハビリテーションサービスを提供しています。

診療時間

曜日 受付時間
外来 月曜日~土曜日 9:00~12:00
(日曜日・祝日は休診)
入院 365日実施 9:00~17:00

このページの先頭へ

スタッフ

理学療法士 作業療法士 言語聴覚士
一般病棟 16名(1) 3名 2名(1)
回復期病棟 3名 1名
訪問リハビリテーション 5名(病院と兼務)
通所リハビリテーション 2名
育休・産休 1名
合計 21名(1) 5名 2名(1)

※その他リハ助手2名(2)
( )は非常勤

スタッフの平均経験年数
  • 理学療法士8.6年
  • 作業療法士11.0年
  • 言語聴覚士6.7年

このページの先頭へ

理学療法

理学療法では、関節可動域・筋力・麻痺の程度・協調性・動作能力などを評価し、評価に応じて治療をおこなう「運動療法」や、温熱・電気・牽引などを用いて痛みの軽減や血流改善などをおこなう「物理療法」があります。一般病棟や回復期病棟では、病院から在宅へ移行することを目標としており、訪問リハビリや通所リハビリでは、在宅復帰された方の支援をおこなっています。

スタッフ

このページの先頭へ

作業療法

対象者の身体機能・基本動作能力・日常生活動作の維持・改善を図るために、作業活動を治療手段として用いています。作業を通じて、その人らしい生活を送ることができるよう、共に考え援助していきます。

スタッフ

このページの先頭へ

言語療法

脳血管障害後に生じた失語症や構音障害に関し、聴く・話す・読む・書くといった言葉の機能や発音の訓練をおこない、コミュニケーションをとることを目標に援助いたします。また、摂食・嚥下障害(飲み込みの障害)について評価・訓練・助言等をおこない、お食事を召しあがって頂くことを目標に援助いたします。

スタッフ