診療科・部門のご案内

整形外科

概要・特色

整形外科とは、運動器(骨、関節、脊椎、脊髄、末梢神経、筋、腱)の外傷や疾患を扱う診療科です。
患者さんの症状としては痛み、しびれ、動きにくさが主であり、日常生活や仕事、スポーツ活動のしづらさを訴え、来院されます。
体の部位としては、首から腰、手足の先端までが守備範囲であり、患者さんの年齢層も赤ちゃんからお年寄りまで、広範囲にわたります。
取り扱う疾患や外傷・障害も、傷や骨折を伴うものから、スポーツ障害、加齢を基盤に発生するものまで、多岐に及びます。
特に最近は平均寿命の延びとともに、関節の痛みや腰痛を訴えるお年寄りの患者さんが急速に増えています。

われわれ整形外科医は、お年寄りといえども患者さんが苦痛や体の不自由から解放され、「寝たきり」に陥らず人生を謳歌し、健康寿命を延ばしていただけるように努力しています。
このために当科では患者さんの訴えと診察所見を踏まえ、体の負担と苦痛の少ない必要・十分な検査を行った上での的確な診断と、生活指導に始まり薬物療法や理学療法などの保存療法から最新の手術療法に至るまで、最善の治療を提供することを心がけています。
また整形外科の中でも特に専門的な治療を必要とする場合や、セカンドオピニオンを希望される患者さんには、他院への紹介や診療情報の提供も行います。
当院では特に関節(股関節、膝関節)疾患と脊椎(頚椎、腰椎)疾患に関しては専門外来も行っておりますので、適宜ご利用いただければ幸いです。