診療科・部門のご案内

皮膚科

概要・特色

当科では、アトピー性皮膚炎、足白癬、かぶれなどの日常的な疾患から、尋常性乾癬や円形脱毛症などの慢性疾患まで幅広く診察・治療を行っています。治療内容はガイドラインに沿った標準的な治療法を基本としています。皮膚良性腫瘍・皮膚悪性腫瘍などの手術を検討すべき症例や薬疹や光線過敏症など専門医による診察が必要な疾患に対しては、大阪医科大学本院に紹介して検査・治療を実施して確定診断を行います。

疾患によっては、大阪医科大学本院で急性期の治療を行った後、当院で加療を継続しながら最終的な治癒を目指すことがあります。近隣の皮膚科とも連携をより一層強化しながら、近隣住民の皆様の皮膚疾患診療体制を充実させていくことができるように日々努力しています。

皮膚科疾患には慢性に経過し、精神的なストレスなどで増悪する疾患が少なくありません。患者さんがご自身の疾患と病態をしっかり理解しながら治療に取り組んで頂くことが出来るように、十分な説明を行うことを常に心がけています。