診療科・部門のご案内

サイバーナイフセンター

概要

サイバーナイフセンターでは、「サイバーナイフ」という装置を用いて放射線治療を行っています。
サイバーナイフは、放射線のビームを多方向より病変部に照射することができます。これにより、周辺の正常部分への障害を極力減らし、病変部へは必要十分な放射線を照射することができます。

サイバーナイフ

このページの先頭へ

特徴

多方向より照射可能

小型化された放射線発生装置(直接加速器)が、6つの関節を有するロボットアームに装着されており、自由自在に動きます。最大1200方向より放射線を照射することができるため、病変部の形状、数に合った治療を行う事が可能です。

病変追尾システム

治療台の上の患者様の様子をコンピューターが常に監視しており、もし治療中に患者様が動かれた場合でも、1cm以内の動きであれば病変を追尾し治療します。動きが大きいときには手動で位置を補正し再確認した後、治療を再開します。この「病変追尾システム」により、頭部を固定する金属製フレームが不要となり、プラスチックマスクで固定が可能となりました。フレーム固定の痛みから解放されることは大きな利点・特徴です。

このページの先頭へ

サイバーナイフの適応疾患

頭蓋内疾患

転移性脳腫瘍(肺がん・乳がん等)・神経膠腫・聴神経腫瘍・髄膜腫・下垂体腫瘍・頭蓋咽頭腫などの頭蓋内腫瘍(悪性・良性)

頭蓋骨・頭蓋底・頭蓋外疾患

  • 頭蓋骨や頭蓋底の腫瘍
  • 頸椎・頸髄の腫瘍
  • 耳鼻咽頭科領域の頭頸部腫瘍
  • 眼球など眼科領域の腫瘍
  • 口腔外科領域の腫瘍
連絡先

サイバーナイフセンター 直通

  • 072-677-1367