診療科・部門のご案内

臨床工学科

臨床工学技士とは

「医学知識」と「工学知識」の両方を兼ね備えた専門職で、厚生労働大臣の免許(国家資格)を受けて、医師の指示の下で生命維持管理装置と呼ばれる人の呼吸、循環、代謝の機能の一部を代替、又は補助する装置の操作及び保守点検を仕事とするスタッフでCE(Clinical Engineer)と呼ばれます。

臨床工学室

臨床工学室は、院内に設置される医療機器の保守と安全な管理、院内スタッフに対する勉強会の実施などを行っており業務内容は以下の通りです。

  • 血液浄化業務:血液透析、血液濾過透析、腹水濃縮再静注法、そのほか急性血液浄化法
  • 血液浄化装置の保守・管理、透析液の作成・品質管理、物品管理など
  • カテ室:心臓カテーテル検査の補助
  • 内視鏡室:内視鏡検査の補助、内視鏡の保守・管理
  • 医療機器管理業務:輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器、セントラルモニター、
    そのほかの医療機器の保守・管理、機器トラブルの対応、勉強会など

参加学会

  • 日本透析医学会
  • 大阪透析研究会
  • 日本消化器内視鏡技師会
  • 近畿消化器内視鏡技師会

学会会員

  • 日本臨床工学技士会
  • 大阪府臨床工学技士会
  • 日本消化器内視鏡技師会
  • 近畿消化器内視鏡技師会

スタッフ

臨床工学技士4名

資格・認定

  • 臨床工学技士免許4名
  • 臨床検査技師免許1名
  • 透析技術認定士2名
  • 呼吸療法認定士1名
  • 内視鏡技師1名
  • 第2種ME技術実力検定1名
  • メンテナンスに必要なメーカー認定