病院紹介

沿革

昭和55年12月 医療法人修仁会 修仁会病院 開設
平成7年7月 医療法人修仁会 新生病院 に改称
平成8年3月 医療法人信愛会 新生病院 に改称(事業継承)
平成10年9月 病床変更(一般病床100床、療養病床46床)
平成11年12月 新生ケアプランセンター開設(居宅介護支援事業所)
平成15年5月 通所リハビリテーション(デイケア)開設
平成15年10月 地域医療連携室開設
平成18年1月 新生訪問看護ステーション開設
平成18年11月 一般病床79床増床
(一般125床・障害者54床・医療療養46床)病床数225床
平成19年2月 体外式衝撃波結石破砕装置 導入
平成19年5月 回復期リハビリテーション病棟 32床 開設
(一般93床・障害者54床・回復リハ32床・医療療養46床)
病床数225床
平成19年8月 院内ローカルエリアネットワーク(LAN)稼働
平成19年12月 大阪北摂サイバーナイフセンター 開設
(高精度定位放射線治療装置サイバーナイフⅡ 導入)
平成21年5月 病床数225床(一般147床・回復リハ32床・医療療養46床)
平成21年7月 通所リハビリ(デイケア)祝日営業開始
平成21年10月 病床数225床(一般147床・回復リハ32床・医療療養46床)
平成21年10月 がん化学療法外来 開設
平成22年6月 院外処方箋発行開始
平成22年7月 画像保存通信システム(PACS)導入
平成22年10月 地下水膜ろ過システム稼働
平成23年1月 社会医療法人 信愛会 新生病院に改称
平成23年9月 開放型病床(5床)設置
平成24年2月 病院機能評価Vor.6認定取得
平成24年4月 DPC準備病院参加
平成24年8月 しらかわ訪問介護ステーション移転・開設(旧新生訪問介護センター)
平成24年9月 臨床研修病院指定
平成25年6月 新生訪問看護ステーション 新生ケアプランセンター移転
平成25年12月 サイバーナイフセンター 体幹部(肝臓ガン)治療開始
平成26年1月 カプセル内視鏡導入
平成26年9月 療養病床41床増設(一般93床、回復期リハビリテーション32床・医療療養89床)病床数214床
平成27年7月 学校法人大阪医科大学に事業譲渡し、大阪医科大学三島南病院に改称